2007/01/09

くーの左目

1月9日 はれ
最高気温 1.8℃ 最低気温 ー8.4℃ (松本地方)

今日は今年初のくーの病院へ。
おとといの夜から左目が開きにくくなり、昨日の午後に開いたと思ったら少し白くなっていたので、連れていったのだ。

要は目が炎症を起こしているらしい。
ドライヤーの熱風や、炊飯ジャーの湯気が当たったりするとこうなることがあるという。
もしくは、トキソプラズマや猫コロナウィルスに感染している可能性もあり、念のために血液検査もすることになった。

診察台に乗ったとたんお尻に体温計を入れられ、続けて三人がかりで押さえつけられて血液を抜かれ、最後にお尻にぶすりと注射を刺されたくー。
「大変だったね」と帰宅早々にアジを焼いてあげたら、ガスコンロの魚焼きグリルの窓を覗きすぎて目の上のヒゲがコゲた・・・


↓もう、こりないんだから
黒猫


多分・・・ストーブに当たりすぎてこうなっちゃったのではないかと思う。検査結果を聞くまではなんとも言えないけれど。
分からないことを心配してもしかたがないので、今は目の前のくーが元気に楽しく過ごせることだけを考えているようにしよう。

また1週間後に、病院に行かないといけない。
雪がとけて、自転車で行けるようになっているといいけどなあ。

左目が白濁


  • 2日前から左目が開きにくくなり、翌日にはやや白濁が見られたので、診察をしてもらう
  • 体重:4.3kg
  • 診療費:11,445円(税込み)
    • 再診料:500円
    • 注射料:1,000円
    • 検査料:6,000円←トキソプラズマ、猫コロナウィルス抗体検査
    • 投薬料:3,400円
  • 往復とも電車を利用