2008/10/28

ダイエット開始

今日からさっそくくーのダイエット開始である。餌をいきなり減らすのはかわいそうなので、少しずつ量を減らしていく戦法。

以前は計ってあげていたのだけれど、最近は目分量になり、そうなるとやはりだんだんと増えていってしまっていたようだ。今回は、1日分をはかって瓶に取り分け、それを朝夕2回に分けてあげることにする。くーは夜の方がよく食べるので、朝は少なめに。

それでも今晩はちょっと物足りなかったらしく、器の前で静かに座り、残り少ない餌を眺めていた。そして人がそばにくるとじっと顔を見たりして(くーはお腹がすいても鳴いたりせず、目で訴えるタイプなのである)。でも、こちらもがまんがまん。

そのうちあきらめたのか忘れたのか、いつもよりちょっと早めにコタツに入って寝てしまった。明日は朝早くから起こされるかもしれない。




お行儀よく両手を揃えて

黒猫くー

お気に入りの場所でまったり

窓辺でくつろぐクー


昼前に撮った写真です。南側の窓辺で暖かい日射しを浴びながら、気持ち良さそうにくつろいでいました。

上の写真とは別のネコのようにも見えますが、クーです。

カウンターでグラスを傾けながら・・・みたいにも見えるのですが、どうでしょうか。


  • 昨日(10月27日)、クーの三種混合ワクチンの接種を済ませてきました。注射の前に体重測定があったのですが、なんと6.06Kg。きょうからダイエットです。

2008/10/27

くー初体験

今日は1年に1度、健康でも病院に行かなくてはいけない日。くーの三種混合ワクチン接種である。
今回初めて、キャリーバッグではなくハーネスをつけて、連れていってみることにした。果たして、これでくーのストレスはどれぐらい減らせるだろうか。




外が気になる〜

黒猫くー

病院の駐車場で




最初は私に抱っこされ、固まったままで、時々抗議の鳴き声をあげていたくー。でもおもらしなどはせず、無事に病院に着いた。
診察時間までまだ間があったので、駐車場の車の中でしばし待つことに。停まっていると大丈夫なようで、助手席に自ら座り、周りの点検を始めた。




だいぶ、リラックス

黒猫くー

ふう、やれやれ




たぶん、車が嫌というよりは、床が揺れているのが落ち着かないのだろう。走っている時は景色や外の匂いを楽しむ余裕もないみたいだった。




ん!?

黒猫くー

外の様子に釘付け




停まっていても、外からは絶えず色々な音が聞こえ、色々な物が通り過ぎるので、いつものようにまったりはしていられない。
何か動くたび、のびあがって確認するくー。隣にravenがいるから、見慣れない物ばかりでも心強いね。




こっちも、気になる

黒猫くー

しきりに上を見る




空が気になるのか、天井が気になるのか、しきりにこうして上も見ていた。そんなこんなで診察の時間になり、注射自体はあっという間に終わって診察終了。
注射されるときは、「シャー」とものすごく怒っていた。大人になったなあ。能天気だった子供の頃とは違う。大人になったといえば体重がついに6.06kgになってしまい、ちょっとまずい。明日からダイエットですぞ、くー。

ところで初めてのハーネス、くーにとってのつけ心地はどうだったのだろう。昨晩少し試したときはやや"がに股"になり、腰を低くし、時々前足をぷるぷるふるってとても歩きづらそうだった。
今日は1時間半ほどハーネスをつけて過ごしたのだけれど、車での移動でいっぱいいっぱいで、ハーネスどころではなかったようだ。病院内を歩いたときには、やっぱりがに股&前足ぷるぷる&及び腰で、つけ心地はよくないみたい。

車での移動、そしてハーネスに慣れてくれれば、一緒にお出かけも夢ではないのだけどなあ。

毛繕い


最近お気に入りとなっている場所で熱心に毛繕いをしているクーです。邪魔をしては悪いので上から撮りました。

以前はあまり上手に毛繕いできていなかったのですが、最近はたっぷりと時間をかけて全身くまなくお手入れができるようになりました。

難しい姿勢をとっているために左前脚で身体を支えているのですが、その姿(力の入れ方)が妙に可愛らしく思えてしまいます。

2008/10/26

胴輪


クーを例えば病院などに連れて行く時に、これまでいくつかのキャリーバッグ(ケース)を使ってきたのですが、どれも小さくなってしまいました。キャリーバッグを新調するとすれば、今度はネコ用ではなくて犬用、しかも中型犬クラスのものから選択ということになりそうです。

滅多に出番の無いキャリーバッグの購入は見送って、今回は胴輪(ハーネス)を買ってみました。今まで首輪もつけたことがないクー・・・慣れてくれるといいのですが。

2008/10/22

再会のヨロコビ

ごろんごろーん

黒猫くー

私が帰宅し全身で喜びを表現




くーは人が帰ってくると、もんのすごく喜ぶ。それがほんの1時間ほどの外出でも。再会がとても嬉しいようで、私も無事に帰ってこれてよかった、といつも思うのだ。

2008/10/19

くーの寝姿

コタツで寝るくーの姿。




「いつもの場所」で寝る

黒猫くー

行き倒れた人のよう






こたつ布団の上で寝るのも好き

黒猫くー

なんだか、直角




2枚は別の日だけれど、同じ場所で寝ているくーである。
ときには中にもぐり込み、ときには顔を出し、また別のときには布団の上で。寝ているだけなのに、ちょっとほほえましいのはなんでだろう。

丸まって眠るクー


昨日は前脚を伸ばして眠るクーの、その前脚の写真を載せましたが(→2008,10,18 「前脚」)、きょうは普通に眠っている姿です。

猫がスヤスヤと眠っている姿というのは、平穏そのものといった感じがしていいものですね〜。

2008/10/18

前脚


クーの左前脚です。クーは寝ている時に前脚を伸ばしていることがよくあるのですが(例えばコチラ→2008,07,22 「左前脚」)、この時は左前脚だけを伸ばしていました。

しばらく眺めていると、時々指を開いて、じゃんけんの「パー」の状態になったりしています。この写真も少し指を開いている時に撮ったものです。

2008/10/12

クーの右目

昨日からクーの右目のまぶたが腫れてしまい、ほとんど右目を閉じたような状態になっていました。おそらくホコリでも目に入ったのだと思うのですが。

きょうの午前中には半開きまで回復。夕方にはほぼ完全に治って、クーは元気いっぱいに遊んだり走り回ったりするようになりました。ひと安心です。

これまでにも今回のようにまぶたが腫れることがたびたびあったのですが、いつも右目。「利き目」のようなものがあるのでしょうかね〜。

2008/10/11

ある日のくー

くーのしっぽに映ったプリズム

黒猫くー

ある日の午後

昼寝するクー


昼寝といっても正午前に撮った写真です。ポカポカと暖かかったうえに窓から心地いい風が流れ込んできていたため、外の観察どころではなくなってしまったようです。

こんなに明るいところで眠らなくてもよさそうなものですが、ヒトのそばがいいのでしょうね〜。さすがに眩しいのか前脚で目のあたりを覆う仕草を見せています。

2008/10/06

男前?


コタツ布団の上でくつろいでいるクーです。若者らしい精悍さを備えたいい顔つきだと思うのですが、どうでしょうか?

性格的にはまったく子ネコの時と変わっていなくて、甘えん坊で寂しがり屋、そして人間が大好きです。

2008/10/02

コタツの上で


天板の角のところに陣取っているクーです。至近距離でくつろいでいるのは結構なことなのですが、コチラとしてはクーが移動してくれるまで(コタツでの)作業ができない状態となります。