2008/10/27

くー初体験

今日は1年に1度、健康でも病院に行かなくてはいけない日。くーの三種混合ワクチン接種である。
今回初めて、キャリーバッグではなくハーネスをつけて、連れていってみることにした。果たして、これでくーのストレスはどれぐらい減らせるだろうか。




外が気になる〜

黒猫くー

病院の駐車場で




最初は私に抱っこされ、固まったままで、時々抗議の鳴き声をあげていたくー。でもおもらしなどはせず、無事に病院に着いた。
診察時間までまだ間があったので、駐車場の車の中でしばし待つことに。停まっていると大丈夫なようで、助手席に自ら座り、周りの点検を始めた。




だいぶ、リラックス

黒猫くー

ふう、やれやれ




たぶん、車が嫌というよりは、床が揺れているのが落ち着かないのだろう。走っている時は景色や外の匂いを楽しむ余裕もないみたいだった。




ん!?

黒猫くー

外の様子に釘付け




停まっていても、外からは絶えず色々な音が聞こえ、色々な物が通り過ぎるので、いつものようにまったりはしていられない。
何か動くたび、のびあがって確認するくー。隣にravenがいるから、見慣れない物ばかりでも心強いね。




こっちも、気になる

黒猫くー

しきりに上を見る




空が気になるのか、天井が気になるのか、しきりにこうして上も見ていた。そんなこんなで診察の時間になり、注射自体はあっという間に終わって診察終了。
注射されるときは、「シャー」とものすごく怒っていた。大人になったなあ。能天気だった子供の頃とは違う。大人になったといえば体重がついに6.06kgになってしまい、ちょっとまずい。明日からダイエットですぞ、くー。

ところで初めてのハーネス、くーにとってのつけ心地はどうだったのだろう。昨晩少し試したときはやや"がに股"になり、腰を低くし、時々前足をぷるぷるふるってとても歩きづらそうだった。
今日は1時間半ほどハーネスをつけて過ごしたのだけれど、車での移動でいっぱいいっぱいで、ハーネスどころではなかったようだ。病院内を歩いたときには、やっぱりがに股&前足ぷるぷる&及び腰で、つけ心地はよくないみたい。

車での移動、そしてハーネスに慣れてくれれば、一緒にお出かけも夢ではないのだけどなあ。

毛繕い


最近お気に入りとなっている場所で熱心に毛繕いをしているクーです。邪魔をしては悪いので上から撮りました。

以前はあまり上手に毛繕いできていなかったのですが、最近はたっぷりと時間をかけて全身くまなくお手入れができるようになりました。

難しい姿勢をとっているために左前脚で身体を支えているのですが、その姿(力の入れ方)が妙に可愛らしく思えてしまいます。