2008/05/31

昼寝


雨で外を眺めても小鳥達がいなくてツマラナイからなのか、クーは昼過ぎから夕方までずっと寝ていました。

こうしてグッスリと眠ったあとは、元気いっぱい。「ブラッシングして!」だの「遊んで!」だのと次から次に要求が。応えないでいると、突然、背中に飛び乗ってきたり障子に爪を立てる振りをしたりと実力行使に(笑)。

眠っている時以外は遊びと休憩のサイクルが短いので、こちらも落ち着いて何かをするということがなかなかできない状況となります。

2008/05/29

澄まし顔


クーは写真を撮られるのがあまり好きではないようで、レンズを向けるとすぐに視線をそらしてしまいます。この写真を撮った時も視線をずらし始めた直後なので、こちらを見ているような、そうでないような、という曖昧さがあります。

クーがくつろいでいるのは、これから読もうと思っていた新聞の上です。

2008/05/25

キャットフード


5月16日にネコ草について書きましたが(→2008,05,16 「ネコ草の必要性に疑問」)、その時にはキャットフードの現物が手元に無かったために説明書きの部分がどうなっているのかあやふやでした。

写真は、クーが毎日食べている「サイエンス・ダイエット ヘアボールコントロール ライト」の袋を写したものです。

2008/05/23

5.7kg


5月21日に2回目の誕生日を迎えたクー。きょう、体重を測定してみたところ、5.7kgでした。顔は若者らしく精悍な要素もあるのですが、お腹は少しプヨプヨ気味です。

2008/05/22

2歳

今日は何も写真を撮っていないので、つい今しがた撮ったくーの姿を。


↓気持ちよくおねむ

黒猫くー



そういえば昨日は、くーの誕生日だったのだ。捨て猫だったから正確な日はわからないので、我が家に来たちょうど3ヶ月前、ということで5月21日とした。
特に何もしなかったけれど、何もない普通の日が幸せだ。

2008/05/19

くーの午後

ある日のくー。


↓なんだか目がテンになってるけど大丈夫?

黒猫くー

「・・・。」




↓ついにうなだれ

黒猫くー

「・・・。」




↓20分後、熟睡。

黒猫くー

「zzz・・・」

2008/05/16

ネコ草の必要性に疑問


4月末のことですが、突然クーが何度も吐くようになってしまいました。胃の内容物を出し切ったあとは胃液を苦しそうに吐く始末。吐くことに疲れてフラフラの足取り。何か異物が胃腸に詰まっているのかと心配したのですが、ウンチは通常よりも少ないもののちゃんと出ていますし、オシッコも普通。吐いたものに血が混ざっているということもなく・・・。

もちろん病院に連れていくつもりだったのですが、ふと思いたってネコ草を片付けたところ、ピタリと収まってしまいました。

考えてみれば、ネコ草の必要性ってなんなのでしょうかね〜。「毛玉の排出」ということがよく言われていますが、毛玉についてはペットフードの働きでウンチと一緒に排出されていますし(最近のペットフードには毛玉の排出が考慮されているものがあります)、そもそもクーが毛玉を吐いたのをこれまで見たことがありません。

栄養的にはペットフードが完全食みたいなものですし。

となると、ネコ草は室内飼いのネコにとっては吐き気を催させるだけということになってしまいます。ネコにはネコ草が必要だと頭から信じていましたが、考え直してみる必要があるかもしれません。

2008/05/14

クーの鳴き声


クーは外を飛び回る小鳥達を眺めている時に盛んに鳴いている、というかしゃべっているのですが、それを携帯で録音してみました。いったい何を訴えようとしているのでしょうね〜。

amr形式になっています。QuickTime Playerであればそのまま再生できると思います。クリックすればダウンロードが始まるはずですが、駄目なら右クリックで「リンク先のファイルをダウンロード」を選択してみてください。

他の形式への変換はコチラを利用すると簡単・便利です。


2008/05/09

「の」の字

今でもちょっとずつ大きくなっているような気がする、我が家の猫・くー。



↓ダンボールのベッドも狭そう〜

黒猫・くー

ほっぺが丸くて触りたくなる






↓離れて見ると、「の」の字

黒猫・くー

もう少し大きめの箱を探しておいてあげないといけないかなー






↓オマケ

黒猫・くー

足の裏。毛がもじゃもじゃ。

2008/05/05

最近のくー

私の顔を踏み台にしてカーテンレールに上ったものの、後にも先にも進めず、なんとなく目で訴えているくー。



↓どうする?

くー

(結局だっこして下ろした)



冬はコタツの中、そしてここしばらくはリビングに置いてある水槽の横のダンボール箱を寝床にしている。昨日おとといは暑かったらしく、涼しい玄関で眠っていた。夜はひとりで静かに寝てくれるので、助かる(ちなみに今日はまたダンボール)。

段ボール箱のベッド


クーのためにこれまでいろいろなベッドを買ってきたり作ったりしてきたのですが、今のクーはこの写真の段ボール箱がお気に入り。

高さは8cmほど。上の蓋部分はそのままクーの重さで下に折れ曲がってすり鉢状になっています。

箱のふちに左前脚をかけて眠っている姿がなんとも可愛らしいですねぇ(寝相は様々です)。

障子紙の張り替え


冬の間にクーが破いてそのままにしていた障子紙を張り替えました。

クーが障子を破く時というのは、大きく分けて2つのパターンがあるようです。ひとつは不可抗力といってもいいようなもので、例えば外を眺めたくなって障子に触った時に破ってしまうパターン。もうひとつは、退屈した時などに注目してもらいたくて、わざと障子に爪をたてるケースです。

前者の場合は、もちろん怒るわけにはいきません。クーも障子紙を破くことは悪いことだとわかっているようで、申し訳無さそうな表情をうかべてこちらの様子をうかがっていたりします。後者の時は、クーは怒られるのを覚悟のうえで何度でも障子に向っていきます。

さて、障子紙を張り替えているあいだのクーはというと、これがまったく近寄ってこないんですよね〜。もちろん興味津々なのですが、少し離れたところからおとなしくずっと作業を眺めています。まだ子ネコの時に作業中は近寄らないように注意した(?)のを、今でもちゃんと覚えているということなのでしょうか。